-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-06-29 01:58 | カテゴリ:ヒコーキフォト
先週、お仕事で御蔵島に行ってきました。
伊豆諸島の八丈島の北、およそ100kmに位置し周囲18km、人口300人ほどちいさな島です。
島は火山が隆起して出来た島で標高851mの御山を擁し、島全体が手つかずの原生林が茂る自然豊かな島です。
島の周囲は最大500mにもなる絶壁で囲まれ、島の北側にある集落「里」地区にほとんどの島民が暮らしています。
島の周囲には野生のイルカが生息しており、近年ではイルカウォッチングの観光客も増えているようです。
しかし島の宿泊施設はごくわずかで、野宿やキャンプは島内全域で禁止されているため、宿泊予約の無い観光客は原則上陸することが出来ません。

さて、今回は帰りの船まで時間があったので、御蔵島ヘリポートにヘリコプターを見にいってきました。

130628_IMG_5360r1b.jpg

八丈島からやってきた東邦航空「東京愛らんどシャトル」です。
東京愛らんどシャトルは青ヶ島~八丈島~御蔵島~三宅島~大島~利島を1日1往復結んでいます。
御蔵島は入り江が無く、港が貧弱なため東海汽船の定期船が着岸できない事が非常に多く、悪天候が続いて食料や物資が不足した場合は東京から八丈島経由でこのヘリコプターが物資を輸送することあります。

130628_IMG_5404r1b.jpg

ヘリコプターが離陸すると、お見送りに来ていた島民が手を振ってお見送りです。
御蔵島ヘリポートを離陸した東京愛らんどシャトルは、里地区を一周して再びヘリポートへ向かってきます。

130628_IMG_9152r1b.jpg

巡航速度に加速しながら、ヘリポートをローパス。
一路三宅島へ向かいました。ヘリコプターだと三宅島まではおよそ10分。船だと1時間かかるのであっという間ですね。

今回は仕事での訪問でしたが、今度はゆっくり泊まってイルカウォッチングをしたいです。
スポンサーサイト
2013-06-26 23:59 | カテゴリ:ヒコーキフォト
今日、全日空のB747-400D型機 JA8965号機が日本の空を離れてアンカレッジにフェリーされました。
http://ja.flightaware.com/live/flight/ANA9432/history/20130626/1200Z/RJTT/PANC

JA8965号機は1995年4月に日本にやってきて、1997年冬にはスヌーピー号(2代目)として羽田=札幌線に就航したり、翌1998年にはポケモンジェット'98として大活躍したました。
ANAのジャンボ機で2つの特別塗装を経験したのは彼女だけですね。

130601_IMG_3026r1b.jpg

私が最後に彼女に会ったのは、運用離脱前日の5月30日に函館空港で撮影していたときでした。
5月31日までの春ダイヤでは羽田=函館線に一日往復、B747-400D型機がアサインされていました。
この日も、函館空港の南側にある高松展望広場には、たくさんのファンと地元函館新聞の記者さんも取材にきていました。

130530_IMG_2440r1b.jpg

この日は朝から雲が多いお天気でしたが、B747-400Dで運航されていたNH853便がアプローチしてくる頃には、薄日が差してきました。
偏流を取りながら、陽炎がメラメラ立ち上る滑走路へジャンボ機が近づいて来ます。
滑走路との距離が近いのも、地方空港ならでは。ジャンボジェットの迫力を間近に感じることが出来ました。

130530_IMG_2629r1b.jpg

およそ1時間後、折り返し羽田空港へ向かうNH854便のテイクオフです。
この日は風向きがめまぐるしく変わる1日で、離陸は着陸の時と逆向きの滑走路からでした。
4発のエンジンブラスト。
大きなフラップ。
大きな翼を羽ばたかせて空へ舞い上がる機体。私がジャンボ機で一番好きな瞬間です。

130530_IMG_2642r1b.jpg

滑走路12から離陸した機体は、大きく右旋回。TSUGARU1 DEPERTUREで東京・羽田空港へと帰っていきました。

今日の21時に羽田空港からアンカレッジへとフェリーされた彼女。
日本国内線用にカスタマイズされた-400D型である彼女。特殊な仕様だけに他の航空会社で活躍することはないようで、アメリカの砂漠で穏やかに羽を休めることになりそうです。
1995年からの18年間、おつかれさまでした(* ̄(エ) ̄*)ノ"
2013-06-25 00:43 | カテゴリ:ヒコーキフォト
先日、ついに富士山が世界文化遺産に登録されましたね。
「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」という名称で、古くから信仰の対象で浮世絵などの芸術作品の題材として芸術思想に大きな影響を与えた事が評価されて登録が決定したということです。
”Mt.FUJI”というと、もはや日本の国家的な象徴でもありますね。

120209_IMG_0356r1b.jpg

ヒコーキフォトを撮る私も、富士山をテーマにした作品を撮影します。
浮世絵の時代からデジタルになった現在まで、日本のみんながココロの中に持っている「富士山」を大切にして、これからの富士山を守っていきたいですね。
2013-06-23 19:17 | カテゴリ:ヒコーキフォト
先月末からちょっと長い間、北海道に取材にでかけていました。
船関係の書籍の取材だったのですが、飛行機の撮影をしないわけがありません。

130521_IMG_6327r1.jpg

翼端にシャークレットがついた、エアアジアのA320型機JA04AJ号機です。
西側の千歳基地からはF-15がテイクオフしています。
官民共用空港ならではですね。

普段は羽田空港ばかりで、ひさびさに違う空港での撮影にちょっと興奮気味です(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。