-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-09-25 00:37 | カテゴリ:ヒコーキフォト
スターフライヤーの長男坊(1号機)であるJA01MC号機が10月3日に引退することが、スターフライヤーの公式Facebookで発表されました。
2006年3月16日の就航以来7年間スターフライヤーを支えてきた機体が引退してしまうのはなんだか寂しいですね。

120126_093422_IMG_8988r1b.jpg

この引退にあわせてシャークレットが装備された新しい機体JA21MC号機を受領しています。
JA05MC号機からは全座席に9インチモニタとUSB充電器が標準装備された新型のシートとなりました。
私がスターフライヤーに乗るときはいつもJA01MCか02MCだったのですが、新しい機体が増えている今ではその確率も低くなっているでしょうね。
最近九州へ行く機会がなかなかないので、なかなか搭乗できないのですが、羽田=北九州線だけではなく、羽田=福岡線にも就航しているので、次回福岡へ行くときには是非SFJを利用したいです。
なんと言ってもサービスがピカイチだと思っています(注:あくまで個人的な感想ですw
高級感漂う漆黒の革張りのシートは、全座席にモニタとフットレスト、PC用電源が装備されています。
機内サービスも、オリジナルのオニオンスープをはじめ、コーヒーはシアトル系でおなじみのタリーズのオリジナルブレンドで、コーヒーと一緒に配られるビターチョコも相性抜群。
このサービスを実感してしまったら、リピーターになってしまいます♪

このようなSFJを支えた1号機、あと数日となりましたが、残りの期間もトラブル無く頑張って飛んでほしいですね。7年間おつかれさまでした。
スポンサーサイト
2013-09-21 00:15 | カテゴリ:ヒコーキフォト
今年は中秋の名月が「満月」でした。
中秋の名月と言われれば満月だと思いこんでいましたが、そうとは限らないのですね。
「中秋」とは「秋の中日」のことで、旧暦8月15日の事をいいます。
ちなみに8月14日~15日の夜を「待宵(まつよい)」16日~17日の夜を「十六夜(いざよい)」といいます。
主に俳諧の間で使われる表現ですが、季節を感じる素敵な言葉だと思います。

次に旧暦8月15日の中秋が満月になるのは8年後とのこと。8年後の中秋が晴れるとは限らないので、貴重な機会ですね。

130919_210635_IMG_9546r1b.jpg
自宅のベランダから撮影した十五夜お月様。
ツイッターのタイムラインを覗いてみれば、みんな月の写真を撮影していたみたいですね。

南の空を昇っていく満月。
我が家から南の空を眺めると、羽田空港や成田空港から飛び立った西へと向かうヒコーキ達が飛んでいきます。

もしかしたら、このヒコーキ達が月の中へ飛び込んでくれないかな?と願うもののそんな瞬間はなかなか訪れず。

ベランダにiPadを持ち出し、暖かい紅茶を飲みつつ脚立に座って空を眺める。
月見団子を買っておけばとちょっと後悔(笑)

Flightradar24とにらめっこをしつつ、気がつけば2時間半も経っていました。
成田空港の出発便が落ち着き、西へ向かう列の一番後ろにいたドーハ行きのカタール航空805便 Boeing777-2DZLR型機。

東から月へと向かってこちらへやってくる。

これが最後のチャンスと月にフォーカスを合わせてカメラを構える。

ついに訪れたその瞬間。1秒にも満たない一瞬、月を射抜いたヒコーキ。

130919_223826_IMG_9569r1b.jpg

この日月を射抜いたのはこの一機だけ。

心の中で「よしっ!」とガッツポーズを決めたのは言うまでもない。
【ジャンル】:写真 【テーマ】:航空機
コメント(0) | トラックバック(0)
2013-09-14 04:56 | カテゴリ:お出かけ
東京ビックサイトで開催されている「JATA旅博2013」に行ってきました。
旅博は154の国や地域からのべ730の会社や団体が出展していました。
航空会社のエリアではJALやANAのレガシーキャリアをはじめ、ピーチ・アビエーションやジェットスター・ジャパン、来年5月から就航する春秋航空日本などのLCC各社も出展していました。

130913_142126_IMG_9518r1b.jpg

ピーチ・アビエーションのブースではCAさんと一緒に写真を撮れるコーナーが。メルマガ登録するとオリジナルのハンドタオルがプレゼントされました。

130913_141840_IMG_9516r1b.jpg

B737-800の大きな模型で就航をアピールするのは春秋航空日本。
来年2014年5月に成田空港から有明佐賀空港、高松空港、広島空港へ就航予定です。

130913_155223_DSC00480r1b.jpg

こちらは近畿日本鉄道のブース、新型の特急「しまかぜ」号のシートが展示されていました。
自動でリクライニングするシートはほどよい堅さでとても座り心地がよかったです。
是非とも乗ってみたい。

130913_163136_DSC00495r1b.jpg

130913_172630_DSC00503r1b.jpg

130913_173358_DSC00513r1b.jpg

高速路線バスを運行するWILLER EXPERSSでは、新感覚のアトラクションバス STAR FIGHTER に体験乗車することができました。

このバスは宇宙ツアーが体感できるアトラクションバスというコンセプトで、横3列計22席のシートと側面には液晶モニタが設置され、天井と側面、正面のモニタは連動してまるで宇宙船に乗っているかのような雰囲気を演出しています。
各座席にはジョイスティックが設置されており、このジョイスティックを操作し「謎のクリスタルを探すトレジャーハンティング」の旅に出るという設定で、アトラクションを楽しみながら移動することができるという新感覚のバスです。

旅博では最初のミッションを5分間だけ体験することができました。
ゲームをしながら移動することができるので、子供連れなどにはおすすめかもしれません。
が、窓がないので、のりもの酔いしやすい方にはちょっと向かないかもしれませんね。
座席はリクライニングしないですが、前後間隔は広く乗り心地は悪くなさそうです。

海外各国のブースでは、その国の観光案内を始めスタンプラリーなどのイベントも実施されていて、たくさんの人でにぎわっていて、1日では見きれないくらいのボリュームでした。
今年の旅博は過去最大の規模で、のべ13万人の来場者があったようです。
2013-09-11 07:25 | カテゴリ:ヒコーキフォト
気がついたら9月も半ば、夜にお外をお散歩していたら鈴虫の鳴き声が心地よい秋の訪れを感じさせてくれます。
今年の夏はとても暑かったのですが、すっきりと晴れた日が少なかったり、不完全燃焼な夏でした。
130902_160212_IMG_9240r1b_1.jpg
ようやく夏らしい空がとれた一枚。
もくもくと成長する入道雲と後ろに隠れていく青空。
夕立が降って、昼間の暑さが少し和らいで涼しげな夜がやってくる・・・という、古き良き日本の風情はどこへいったやら。

ようやく秋が訪れたと思ったら、今日は残暑が厳しくなる天気予報。
本格的な秋の訪れはもう少しさきのようです。
2013-09-08 12:00 | カテゴリ:ヒコーキフォト
昨夜は深夜に放送していた、東京のプレゼンテーションの生中継を見てから寝て、朝にテレビをつけ、ニュースで東京決定を知りました。

原発をはじめとする問題が山積する中で、東京が開催地として選ばれたと言うことは、日本に7年後までの問題解決という期待とプレッシャーを与えたという事でしょうか。
1964年大会が戦後復興の象徴になったように、2020年大会は震災復興の象徴となって、日本に住んでいるみんなを元気づけるものになるといいですね。

130111_131943_IMG_1331r1b.jpg

ANAとJALではオリンピック招致をPRするためにステッカーを貼った機体を運航していました。
どちらの機体もデカールをぺたぺたと貼ったタイプ。
遠目に見るとちょっと小さくて、よくわかりませんね(汗

130630_164940_IMG_5668r1b.jpg

2020年東京五輪開催が決定して、新しいPR塗装機は登場するのかな?
ポケモンジェットやジブリみたいに、どこから見ても、誰でも分かるような、「夢」のある塗装が登場することを期待したいですね♪
【ジャンル】:写真 【テーマ】:航空機
コメント(0) | トラックバック(0)
2013-09-07 23:56 | カテゴリ:ヒコーキフォト
先日現職の管制官のお話で、空港へ帰ってきたフライトとの通信の最後に「おつかれさま」って一言を言うっていうお話をしていました。「いい仕事をするには、心がこもっていた方がダメなような気がする」って。

管制官とコックピットクルーは顔を合わさずに声だけのやりとり。
些細な事かもしれませんが、相手を相互におもいやる、こういうココロのつながりって大切だと思いました。

飛行機が好きな方なら、エアバンドを使って飛行機と管制塔との交信を聞いたことがあるかたも少なくないのではないのでしょうか?
無線交信の最後に「Goodday」とか「Have a nice flight!」などをつけて交信を締めくくることがありますよね。
そんなやりとりを聞いていると、私も「気をつけて、いってらっしゃい!」と気持ちよく飛び立つ飛行機をお見送りすることができます。

ほんの一言の言葉のやりとり、しかしその一言に込められている気持ちのつながりってとても大切だと感じました。

IMG_5124r1b.jpg

飛行機が出発するとき、グランドスタッフが「いってらっしゃい」と手を振って見送る光景を空港で目にしますよね。
飛行機が1フライトするには、整備士や運航乗務員を始めものすごくたくさんのスタッフが関わっています。
最終チェックをして最後に飛行機を見送るのがライン整備士達です。いわばすべてのスタッフを代表しておくりだしているようなもの。

私は飛行機に乗ったとき、必ずこっそり手を振り返します。
乗っている機体を整備点検して最終的に送り出してくれた「ありがとう」っていう意味を込めて。

ほんの些細な事ですが、こういう感謝の気持ちって大切だなぁって思うのです。


最近、飛行機撮影をする仲間達から、撮影マナーの低下についてのお話をよく耳にするようになりました。
特に撮影ポイントが制約されている場合は「他人よりもイイものを」って気持ちもよくわかります。
飛行機の安全運航は空港スタッフだけではなく、空港にいる乗客や送迎客など、多くの人たちが支えているという事を忘れちゃいけません。
安全に「いってらっしゃい」「おかえりなさい」っていう気持ちがあれば、フェンスを破損したりするなんていうことはないですよね。
撮影する側も、お互いを思いやる気持ちをもって飛行機をお見送り、お出迎えしたいですね。
2013-09-01 00:05 | カテゴリ:ヒコーキフォト
9月になりましたがまだまだ暑い日が続いていますね。
今年の夏は「夏らしい」写真があまり撮れなくて、ちょっと不完全燃焼気味。
まだまだ、残り少ない夏を探しに行かなくちゃね。

130607_104821_IMG_4544r1b.jpg

夏の空港は陽炎メラメラな事が多いけど、私はこの陽炎嫌いじゃありません。
写真なんだけど、なんか油絵みたいな雰囲気がアートフィルターをかけたみたいな表現ができておもしろいです。
でも、陽炎も自然現象。それを表現するのはやっぱり難しいです。
でも、難しいから楽しいのですよね。

まだ見つけられていない「夏」な風景。
そしてこれからやってくる「秋」の風景。

一つの視点にとらわれずに、新たな風景を見つけにいかなくちゃね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。