-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-12-31 23:59 | カテゴリ:ヒコーキフォト
今年も残すところわずかとなりました。
このブログをご覧の皆様、今年一年ご来訪いただきありがとうございました。
今年一年を思い返すと長いようで、あっという間にすぎたという印象ですが皆さんはいかがでしょうか?

ヒコーキの話題に目を向けてみると、今年は去るものを追いかけていた一年だったように思います。
まずは今年3月、日本航空(JAL)からMD-90型機が全機引退しましたね。
私が初めて乗った飛行機がMD-81型機だったので、同じシリーズのMD-90も特に好きなヒコーキでした。
130330_180638_IMG_4038km.jpg

7月にはソラシドエアの旧ブランド塗装機が引退しました。
スカイネットアジア航空として11年前に宮崎=羽田線に就航し、その翌年には熊本=羽田線に就航しました。熊本線就航した今から10年前、私はちょうど熊本の大学で航空工学を専攻していて、大学の実習で見学したり、初めて電源の入っているコックピットを見たのも、7月に引退したソニアカラーのB737-400でした。
130731_183336_IMG_8002km.jpg

そして、9月にはANAのピカチュウジャンボが運航終了、ピースジェットへとバトンタッチしました。私が高校生の時に大学受験のために初めて1人で飛行機に乗ったのがこのポケモンジェットでした。
130930_152356_IMG_0146km.jpg

私が飛行機に興味を持ち、航空工学勉強をしてイロイロ学ばせてもらったこれらの機体が日本からいなくなってしまうのはとてもさみしい限りでした。
でも、航空写真家・ライターとして最期の瞬間に立ち会うことが出来たのも、きっと何かの因縁なんでしょうね。

そして、10月には日本初のLCCとしてデビューしたエアアジアジャパンが運航終了。印象的な真っ赤な塗装のA320型機はすべて、リース元であった、シンガポールのエアアジアXへと返却されました。
120814_143314_20120814_143314_RJCC_WJ_A320_JA01AJkm.jpg

そして来年3月にせまったANAのジャンボジェット全機引退。
新世代の機体が導入され世代交代が進み、様々な航空情勢も激しく変わっていく昨今、まさに激動のタイミングに遭遇しているのでしょうか。
そんなタイミングに遭遇するのも偶然ではないのでしょうね。きっと。
来年もそんなひとつ一つの瞬間を大切に切り取って、みなさんにお伝えできるように頑張りたいと思います。
スポンサーサイト
【ジャンル】:写真 【テーマ】:航空機
コメント(0) | トラックバック(0)
2013-12-28 00:00 | カテゴリ:ヒコーキフォト
ボーイング767型機は初期型モデルの-200型が1982年に就航ユナイテッド航空で就航して、翌83年5月21日に全日空向け1号機が羽田空港へ到着しました。-200型は2004年3月に全て退役しましたが、1987年に導入された、派生型である-300型、-300ER型が現在国内線の主力機として活躍しています。

130127_153327_RJTT_NH_763_JA8285_blog.jpg

登場してから30年以上経過している767シリーズ。この間にアビオニクスは著しい進化を遂げていて、初期に導入された機体と最新の機体は別の機体といっても過言ではないくらい、目に見えない進化を遂げています。

全日空では1月の伊丹、3月の熊本とB747-400(D)ジャンボジェット機の引退で盛り上がっていますが、B787型機の導入によって、B767-300型機もその中でひっそりと数を減らしています。

先日1989年に導入されたJA8285号機がひっそりと日本を去りました。
ANAのB767のエンジンはゼネラル・エレクトリック社のCF6-80シリーズが採用されています。
外観上区別はつきませんが、初期に導入された機体に装備されていたエンジンはCF6-80C2B2型で、その後、FADECと呼ばれる、エンジンの制御にマイクロコンピュータを使用して、燃費などのエンジンの性能を安全で高効率で運用できるように改良されたCF6-80C2B2F型が採用されています。

130111_140544_IMG_1432_km.jpg

先日ラインを外れ、アンカレッジ経由でビクタービルにフェリーされたJA8285が、NON-FADEC最後の1機でした。
NON-FADECのエンジンはFADECのエンジンと違い、油圧機械式で制御されているので、整備が大変だったと整備士から話を聞きました。
目に見えないところでも、飛行機の世代交代がおこなわれています。

今はまだ40機以上いるB767-300型機。ジャンボジェット機やドリームライナーに隠れがちですが、たまには彼女のことも思い出してあげてください。
【ジャンル】:写真 【テーマ】:航空機
コメント(0) | トラックバック(0)
2013-12-26 05:55 | カテゴリ:ヒコーキフォト
131118_151356_RJTA_IMG_2020_km1.jpg

アメリカ海軍の第5空母航空団(CVW-5)が厚木基地に戻ってきました。
任務を終えて、空母ジョージ・ワシントンから厚木基地に帰投しても、毎日の訓練は続きます。
厚木基地の周辺に住んでいると、早い日は朝6時から、夜は22時頃まで艦載機が飛行訓練を行います。
いくら飛行機が好きでも、時々騒音にうんざりしてしまうときがありますが、長い間住んでいるとさほど気にならなくなってきますね(笑)

自宅からオーバーヘッドアプローチを眺めていると、気がつくと結構な時間が過ぎてしまっています(汗

130507_200309_130507_200309_DSC00198_km_km.jpg

基本的に艦載機の夜間離着陸訓練は、厚木基地からおよそ1000km離れた硫黄島飛行場で行われています。
しかし、硫黄島周辺が悪天候の場合は厚木基地で訓練が行われます。

先日、バイトの帰りにF/A-18 スーパーホーネットのエンジン音が聞こえたので、ちょっと寄り道をして滑走路のエンドにある公園へ。
バイト帰りだったので、手持ちのコンデジでスーパーホーネットのアプローチを撮影してみました。
空港の灯火が遠くで瞬いています。滑走路の延長線上は街灯が少ないので、星もよく見えます。
意外と天体写真を撮るのにもいいかもしれません(笑)
【ジャンル】:写真 【テーマ】:航空機
コメント(0) | トラックバック(0)
2013-12-24 23:59 | カテゴリ:ヒコーキフォト
120413_074615_RJAA_NH76F_JA8356_blog.jpg

全日空(ANA)は2014年4月から新たな事業会社として(株)ANA Cargoの営業を開始すると今日発表しました。
現在ANA貨物事業室が主に担っていた企画、マーケティング、販売計画と、ANAロジスティックサービスが担っていたラインセールス、上屋ハンドリングなどの貨物事業を統合し、事業拡大を目指していくもの。

現在の沖縄・那覇空港をハブに、中国、タイ、シンガポールなどに路線を展開していますが、沖縄ハブ以外に2014年1月1日から成田=広州、成田=ジャカルタ、シンガポール-成田線を新規開設し、運休中だった成田-関西-上海線が運航再開されます。

新会社設立にともない、ANA Cargoのロゴをリニューアルする予定とのこと。

130705_082800_RJAA_NH_76F_JA8970_blog.jpg

現在は全日空には貨物専用機としてB767-300Fが2機と、旅客型から貨物型に改造したB767-300ER(BCF)が7機の計9機が、ANA Cargoのロゴ塗装で運航されています。
以前は機体後部にALLEXのロゴが描かれていましたが、OCSとの提携が始まったので現在はOCSのロゴのみになっている機体がほとんどです。
4月にはどんな新塗装が見られるのでしょうか。楽しみですね。
【ジャンル】:写真 【テーマ】:航空機
コメント(0) | トラックバック(0)
2013-12-22 03:58 | カテゴリ:未分類
131122_101531_IMG_2204_km1.jpg

神宮外苑の銀杏並木。
大都会のまっただ中に、こんな自然が残る空間があるなんて。
今年は地方まで紅葉の写真を撮りに行くことができなかったけど、都会の中でも紅葉がいっぱいあるのですね。
真っ青な空を見上げてみたら、成田空港を出発したANAのBoeing787型機が上空を飛んでいきました。
【ジャンル】:写真 【テーマ】:航空機
コメント(0) | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。